本日の現場

こんにちは!

本日、塗装工事をさせて頂いていますお宅には幕板という
横長の板が外壁に取り付けられています。

今日は幕板の吸水防止処理についてお話ししたいと思います。



幕板水切り2



見た目がおしゃれな幕板ですが、メンテナンスには注意が
必要です。上の図を見ていただくとわかり易いのですが、幕板の
上部は雨水などが溜まりやすい形状となっています。


上の左側の図のように水切りの金物が取り付けられていますと
雨水が流れ落ちて溜まることはありません。(正確にはこれで
安心ではなくシールした方が完璧です)


一方、上の右側の図は金物が取り付けられていない場合です。
こちらはコーキング材でシール処理をして水が溜まらないように
なっています。


幕板の裏面、つまり幕板に覆われている外壁表面は塗装されて
いないので、水が吸収されやすくなっています。もし幕板に
水切りなどの処理が施されていない場合は、幕板付近の劣化や
腐食にお気をつけください。


2018101303.jpg


弊社では、幕板をお使いのお客様には、三角シールを
お勧めしています。