本日の現場

こんにちは!
先日の台風は首都圏を通過しなかったものの、これまで
あまり経験のないほどの強風でしたね。

弊社にも朝から、屋根の棟が外れて落ちたり、瓦の一部が
落下したということで何軒も修理依頼のご連絡を頂きまし
た。

自宅の屋根は普段はなかなかじっくり見られません。
経年劣化により棟が浮いていると、そこから雨水が入り込み、
中の木が腐ってしまいます。それによって棟を押えている
釘が浮いて棟が剥がれやすくなってしまうのです。
今回はそのような事例が多く見られました。


下の写真はそのうちの一枚です。棟が外れてしまって
いましが。棟を全て剥すと、その下の木がもろくなって
いるのがわかります↓


CIMG6262.jpg


大きな被害になる前に、築年数がある程度
経った屋根は塗りかえたり、棟を点検してもらう
などメンテナンスすることをお勧めします。