本日の現場

こんにちは!
本日の現場は昨日ひ引きつづきS様邸にての作業です。

昨日は屋根の下塗り作業について少しお話しさせて頂きまし
たが、外壁も下地調整をして、丁寧な下塗りをおこなうことは
重要な工程の一つです。

昨日述べたように下塗りは屋根材と塗料を密着させるという
効果があります。

しかし一方では、何度も塗付することを繰り返すと目詰まりを
起こすというデメリットがあります。

下図のように屋根材の重なり部分に雨水が溜まりますが、
隙間があることによって雨水が流れやすくなります。

塗料の塗付によってこの隙間が目詰まりすると、雨水が滞留
し、毛細管現象によりますます水分を吸い込んでしまいます。

このような問題は縁切り(えんきり)という作業やタスペーサー
という部材を使って解決することができます。


20180926屋根断面


最後までお読みくださり、ありがとうございました!