category: 建築塗装  1/105

本日の現場

こんにちは!本日、塗装工事をさせて頂いていますお宅には幕板という横長の板が外壁に取り付けられています。今日は幕板の吸水防止処理についてお話ししたいと思います。見た目がおしゃれな幕板ですが、メンテナンスには注意が必要です。上の図を見ていただくとわかり易いのですが、幕板の上部は雨水などが溜まりやすい形状となっています。上の左側の図のように水切りの金物が取り付けられていますと雨水が流れ落ちて溜まることは...

  •  -
  •  -

本日の現場

こんにちは!本日はタイル面の施工をしています。アクアシールという撥水性が高い材料を使用しています。...

  •  -
  •  -

本日の現場

こんにちは!いよいよ外壁の上塗りです。外壁の元の模様は保たれています。明るくやわらかな色なので、完成が楽しみですね。...

  •  -
  •  -

本日の現場

おはようございます!下塗りが終わり、中塗り作業に入りました!...

  •  -
  •  -

本日の現場

こんにちは!本日は外壁がタイル貼りの部分と模様のあるモルタル壁のコンビネーションが美しいお宅で塗装工事です。模様の上から下塗りをしています↑(模様が消えることはありません)...

  •  -
  •  -

本日の現場

こんにちは!本日は下塗り工程を終えた屋根にタスペーサーという部材を屋根の重なり部分に挿入する作業をおこないました。 上の写真の上方にある黒い部材がタスペーサーです。これは、塗料を塗ることによって生じる屋根材の重なり部分の目詰まりを防ぐ為に使われます。タスペーサーを屋根材の間に入れることにより一定の空間を確保し、屋根材の縁に溜まる雨水が流れやすくなります。雨水の滞留を防ぐもう一つの方法に縁切りという...

  •  -
  •  -

本日の現場

こんにちは!本日の作業のようすです!壁の中塗をしています。ようやく色がでてきましたね。...

  •  -
  •  -

本日の現場

こんにちは!引きつづきS様邸の塗装工事をおこなって参ります。本日は、外壁、軒天の下塗りをしています。...

  •  -
  •  -

本日の現場

こんにちは!本日の現場は昨日ひ引きつづきS様邸にての作業です。昨日は屋根の下塗り作業について少しお話しさせて頂きましたが、外壁も下地調整をして、丁寧な下塗りをおこなうことは重要な工程の一つです。昨日述べたように下塗りは屋根材と塗料を密着させるという効果があります。しかし一方では、何度も塗付することを繰り返すと目詰まりを起こすというデメリットがあります。下図のように屋根材の重なり部分に雨水が溜まりま...

  •  -
  •  -

本日の現場

こんにちは!本日は屋根塗装の下処理です。こちらの現場の屋根は、現場調査の時点では傷みが激しく、塗膜が欠損している状態でした。水洗い後、藻などの汚れと共に塗膜も除去されて白っぽくなっています。塗装工程に入る前に、塗料が屋根材とよく密着するように下塗り作業をおこないますが、このように塗膜欠損した状態では1回の下塗では下塗り剤(シーラー)をどんどん吸い込んでしまい密着効果が薄れてしまうので、弊社では2回...

  •  -
  •  -